仕事をする女性にとって、結婚相手には自分の仕事への理解はしてほしいものですよね。
女性の社会進出と同時に、社会的な立場も責任も持つようになってきました。
好きな仕事を選び、上昇志向を持って仕事をしていく女性も増えました。
それが、結婚することによって失われてしまうのは、とても残念なことです。
ですから、結婚しても仕事を続けたいと思っている女性が大半なのです。

結婚しても仕事を続けたいと思う女性が多い以上、男性が女性に対する仕事への理解は必要です。
同時に、家事の分担に対しても理解が必要になってきます。
女性が仕事を続けるということは、男性とフィフティーフィフティーの立場であるということです。
家事も分担して行うことが結婚相手にも求められます。
料理男子やスイーツ男子、主夫という言葉があるほど、現代の男性は家事を行わなければいけない状況にあるのです。

男性を立てる古風な女性がモテる

と言われることもありますが、現実問題、生活していく上では共働きしなければならないのです。
育メンとも言われるように、子育ても男性が行うのが当たり前なのです。

男性にとっても、女性にとっても、結婚相手に求めることが多くなってしまって、結婚が狭き門になってしまっているのかもしれません。
あまり難しく考えないで、結婚相手を探したいものですね。